お盆のお棚参りも無事終了いたしました。

お盆のお棚参りは、昨年から柏崎・刈羽・長岡の全檀家を回らせて頂いております。とても一人では回りきれませんので、長福寺様と弟子の知雷坊と三人で手分けをして回らせて頂きました。

今年のお盆は、連日雨模様で、今まで13日の午前中に雨だったことはありますが、連日雨というのは、棚経歴57年の小生にとっても初めてのことでした。お盆だというのに、大雨の被害に遭われた九州地方の皆様には心より御見舞申し上げます。当地も水害の心配がありましたが、大事に至らず安堵しております。

また、今年はコロナ禍で、柏崎・刈羽でも罹患者の報告がお盆直前から報じられました。まだまだ気を引き締めて、感染対策をきちんと行っていきたいと思っています。

お盆を迎えるにあたり、各家ではお棚飾りをしてご先祖様をお迎え頂きました。お棚飾りは、やや簡素化の傾向がありますが、写真で紹介したように伝承の飾りを行っているお宅もこの地方にはまだまだ残っています。『光明』の夏号を参考に飾っているお宅もあり、住職としては嬉しく思っておりますし、何よりご先祖様がお慶びのことと思います。来年は、皆様も出来るだけご先祖様が喜ぶお棚飾りに挑戦してみて下さい。『荘厳』(仏様をきちんとおまつりすること)は『信』(信仰)に通ずといいます。仏様をきちんとおまつりすることが信仰の現れではないでしょうか。先代がよく言っていた『不易流行』と言葉にもある通り、変わっていいことと、変えてはいけないことの見極めが必要だと思います。                  合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA